二十代から生命保険に入るなら

生命保険は今や数えきれないほどの生命保険会社とそのプランがあり、どこの生命保険会社も同じような印象を受けますが、実はその内容は事細かに若干の違いがあると言われています。
nfc-taglet1二十代から加入する生命保険としては、自分のライフスタイルに合わせたものが良いと思いますが、比較的大きな保証を勧められる事が多いように思います。
二十代のうちは、特別持病でもない限り、ほとんどの場合は必要最低限の保証で十分だと考えられます。
比較的、病気にも怪我にも対応している生命保険で、死亡保証よりも、入院保証の方を厚く考える方が無難なような気がします。
二十代から加入する生命保険 ランキングとしては、死亡保証が少しと、手厚い入院保証がある生命保険会社が上位を占めていると思います。
nfc-taglet2最近流行っているようにも感じる、入院保証のみの生命保険は、若い二十代の世代には大変人気があると言ってよいでしょう。
長寿社会となってきているために、死亡保証に重点を置くよりも、「いざという時に使える保険」という感覚が芽生えているようにも受け取れます。
また、死亡保証を少なくすることで、掛け捨て部分が軽減し、毎月の保険料自体も大変手軽に支払いやすい金額になることがほとんどです。
通常二十代で、終身保険に加入すると一万円前後はするところ、その三分の一程度で済む生命保険のプランもあり、まだまだ若い二十代にとっては加入しやすい金額だと思います。
大手生命保険会社でも、入院保証をメインとした保険商品を出しているところもありますが、やや高めな印象を受けます。
完全に入院保証を重視した生命保険会社に比べて、大手保険会社は、死亡保証部分が多めで、金額も高めのような気がします。
将来的な事を考えて、大手生命保険会社に加入し、後々結婚したり、子供が出来たりとライフスタイルが変わった時にも対応させたいのであれば、大手保険会社に加入しておく方が良いかもしれません。
プラン内容の変更にも応じて貰えるでしょうし、新たな加入という手続きではなく、内容の変更ということになりますので、保険料の面では多少のアップで済む可能性があります。
二十代のうちから加入する生命保険のランキングとしては、個人として加入するなら入院保証を重視した割安な保険会社、二十代のうちから将来を考えて加入するなら大手保険会社が上位にランクインするのではないでしょうか。
いずれにしても自分の考え方次第だと思います。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報